hyrominha diária

ブラジル音楽好きの、日々あれこれ。。。

アンパンマン一直線

あまり食べ物に凝る方では無いのです、普通に美味しければ充分で、完全にご飯党、和食党なのですが…

近所についつい寄ってしまうパン屋さんがありまして。

だいたい、仕事帰りにふらふらと寄って(夕方20%OFFなのも悪い!)、パンと牛乳を買って、遅い晩酌までのつなぎに食べてしまうことが度々あります。

どうりでこの頃丸顔化が進む訳です?

でも、このパン屋さん美味しいんですよねー。なんて言うか、洒落た感じとか目新しい商品にチャレンジとかではなくて(失礼?(笑))、懐かしくて安心して美味しいパンがた~~~くさんあるんです。

私の様な、あまりパンに興味のない人もついつい立ち寄ってしまう位に?

JR玉造駅裏のfonte ↓↓↓

http://blog.goo.ne.jp/tamazou_kun/e/48d3108cea4503eea834ded2dd043e5c

実はこのパン屋さんには特別な思い出があって。
2階がイートインになっているんですが…

…忘れもしない、東北の大震災の時、私は休みで家にいたんです。
経験したことの無い、振幅の大きな揺れ、何時までも止まらない。
何が倒れるでもなくて、丁度マンションの外壁工事に入っていた職人さんも、問題ないっす~って作業を続けてる。
でも、酔いそうな揺れは続いていて、テレビを付けたらまさに津波が東北の陸地を這っている映像が流れてて。
逃げる軽トラ、飲まれる寸前で画面はスイッチ、避難した人の現実感のない落胆の声、そんな模様が次々と映し出されて、とても1人では見ていられなくて、もしかしたらこの後大きな余震が来るかもしれない、このマンションに居て大丈夫なんだろうか、と考えていたら、地震には慣れているけど家に1人でいられなくなって、でもどこに行ったら良いのか分からなくて…

とにかく誰か人のいるところに行こう、でも駅の高架下は止めておこう、そうだ、駅裏のパン屋さんにイートインコーナーがあったな。

怖くて逃げてきたんだけど、いかにも、「ただパンとコーヒーの為に来ましたよ~~」みたいな顔をして、このパン屋さんに逃げました。

レジにいた店主風のおじさんに、東北で大きな地震がありましたね、この辺りも揺れましたよね~って話しかけたら、
あ、そう??動いていたから分からなかった?
って言われて、世間は私が思っているほどビビってないのかな、って?
でも、イートインコーナーでスマホのニュース見ていたら恐ろしい津波の映像がどんどん更新されていて周りの雰囲気と同じ日本で起きている事のギャップに頭が混乱したのでした。


どの位居たのか覚えて無いけど、不安な時に身を寄せさせてもらったパン屋さんです。ま、お店の人は知ったこっちゃないだろうけど?


今日はそのお店のパンを食べて、うたた寝のち譜面作りでした。


ビールが無くなったので、かぼす焼酎~~~?
f:id:hyrominha:20160223030246j:image

月曜日ってやっぱり仕事が忙しいなぁ❗️