読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hyrominha diária

ブラジル音楽好きの、日々あれこれ。。。

F先生のサックスレッスン

1月に入ってから、サックスレッスンを再開しました。

 

大阪の時にも二ヶ月に一回、レッスンしてもらっていたF先生。

今は、同じ東京なので月に1〜2回通ってます。

 

前から思ってたのですが、

F先生が凄くて❗

 

私が出来てないところを一回見たら聴いたらすぐわかる。

それも、音がー、とか、フレーズがー、とかではなくてその原因も。

 

例えば、アドリブが出来なくてオタオタする時、普通だったら、ここの進行なら、この音、ここならこの音、みたいなことは教えてくれると思うんだけど、F先生はそれもありつつ、

どうして出来ないかっていうと吹いてるとこしか見てないでしょ?吹きながら、次のコードのとこ見とかないと上手くいかないよ、

みたいな感じ。

 

他にも色々あるんだけど、

一昨日のレッスンで改めて凄いと思ったことがありました。

 

一つの曲を使ってじっくりやるタイプのF先生、1年半くらい前のレッスンでF先生が吹いたアドリブを譜面に起こしてくる、という時があってそれ以降はそれを使ってレッスンが進んでいってるんだけど、一昨日そのフレーズを吹いたら、

 

あれ?ここのフレーズ、俺こんな譜割りで吹いたっけ?

 

と言い出したので、録音をずーーーーーっと遡ったらやっぱり私の採譜が間違っていた…

 

なんでこの人、1年半近く前に吹いた自分のフレーズ覚えてんのーーー😱😱😱

こわいわーー(笑)

 

なので、サックス、上手くなるはずーーー???いずれは。